ワタナベエンターテインメント

クレイジーラッツ

  • クレイジーラッツ
  • PROFILE
    名    前クレイジーラッツ

MEMBER

  • 名    前坪倉由幸
    ツボクラヨシユキ
    生年月日1977年9月9日
    出 身 地神奈川県
    身    長172cm
  • 名    前杉山裕之
    スギヤマヒロユキ
    生年月日1977年4月23日
    出 身 地埼玉県
    身    長170cm
  • 名    前谷田部俊
    ヤタベシュン
    生年月日1977年12月14日
    出 身 地埼玉県
    身    長165cm
  • 名    前中岡創一
    ナカオカソウイチ
    生年月日1977年12月8日
    出 身 地奈良県
    身    長162cm
  • 名    前コカドケンタロウ
    生年月日1978年8月8日
    出 身 地大阪府
    身    長175cm
  • 名    前岩井勇気
    イワイユウキ
    生年月日1986年7月31日
    出 身 地埼玉県
    身    長171cm
  • 名    前澤部 佑
    サワベユウ
    生年月日1986年5月19日
    出 身 地埼玉県
    身    長172cm
  • スケジュール
  • NEWS

我が家、ロッチ、ハライチ、「クレイジーラッツ」結成!!

我が家、ロッチ、ハライチが、クレイジーキャッツを伝承!
日本を笑いと音楽で元気にするプロジェクト
「クレイジーラッツ」

我が家、ロッチ、ハライチが、クレイジーキャッツを伝承して、
笑いを軸に、音楽を加えて、日本を元気にする「クレイジーラッツ」プロジェクトを発信します。


1955年に結成されたクレイジーキャッツは、ハナ肇、植木等、たちを中心に、
「音楽」に「笑い」の要素を取り入れ、戦後の混沌とした日本を明るく照らし、笑顔を振りまいてきました。
クレイジーラッツは、逆に現在テレビで活躍している芸人たちが、自らの「笑い」に「音楽」要素を取り入れて
単なる懐古主義ではなく、新しいエンターテインメントとして、時代に笑顔を振りまいていきます!


ハナ肇を杉山(我が家)、植木等を坪倉(我が家)、谷啓を澤部(ハライチ)、犬塚弘をコカド(ロッチ)、
桜井センリを谷田部(我が家)、安田伸を中岡(ロッチ)、石橋エータローを岩井(ハライチ)がそれぞれ
伝承していき、新しいスタイルの笑いと音楽にチャレンジしていきます。

楽器は杉山がドラム、坪倉がギター、谷田部・岩井がピアノ、コカドがウッドベース、中岡がサックス、
澤部がトロンボーンを担当します。メンバーの中で岩井以外は楽器初挑戦となります!

★今回のプロジェクトを仕掛けていくメンバー
・「M1グランプリ」や「ダウンタウンDX」の放送作家である倉本美津留さん
・Mr. Childrenやゆずのアートディレクターである森本千絵さん
・CM界の奇才、小島淳平氏さん
・「トップランナー」の司会や広告クリエイターである箭内道彦さん
・舞台、コンサート、テレビ、ラジオなど多岐に渡るジャンルで活躍中の作曲家・舞台音楽家、宮川彬良さん
など

★メンバーからのコメント
【我が家】
・以前ドラマ「ザ・ヒットパレード」でクレイジーキャッツさんの役をやらせてもらった時、クレイジーキャッツさんのVTRをたくさん見て、笑って、驚き、元気になりました。ネタをコピーさせても頂き、クレイジーキャッツさんの精神が宿っていると勝手ながら思っています。今度は自分達が大勢の人達に笑いと驚きと元気を与えたいです。その為に、いま毎日手首を痛めながら必死にコードを押さえてます。少しずつ成長してます。笑いと音楽を融合させます!(坪倉)
・太っているからドラムなのか…?太ってるからなのか…?それは謎ですが、ドラム担当の杉山です。クレイジーキャッツさんでいえばあのハナ肇さんのパートを担当するのでプレッシャーを感じますが、精一杯頑張ります!どんなバンドになるのか凄く楽しみです。(杉山)
・ピアノ初心者ですが頑張って練習しています。桜井センリさんのポジションということで、クレイジーキャッツさん同様、岩井とピアノ2人でバンドを盛り上げていきます。僕らはお笑い芸人なので、僕らの笑いに音楽が加わるとどうなるのか、今から楽しみです。(谷田部)


【ロッチ】
・音楽を使った笑いを作ろうと思います。すっごいでっかい楽器をやるので、それぐらいでっかい期待をして下さい。(コカド)
・音楽や楽器を使って面白いことができたらなぁとサックスを今一生懸命練習しています。また芸の幅が広がればなと思っています。(中岡)


【ハライチ】
・ピアノ歴18年ですが、クラシック以外は初挑戦なので今まで以上に練習して、クレイジーキャッツさんのように笑いも入れた面白いバンドになれるために頑張ります。(岩井)
・あのクレイジーキャッツさんの後をやらせていただく訳なのでつまらない事は出来ないと思ってます。おもしろくてカッコイイ音楽目指してがんばります!(澤部)