ワタナベエンターテインメント

TOP > 堀内夜あけの会 オマエは渋谷の夜回りおじさんじゃない!!

堀内健、自作自演の舞台プロジェクト第二弾決定!
第三弾決定! 詳細はコチラ


2015年8月21日~23日
会場:下北沢 本多劇場

21(金) 開演19:00
22(土) 開演13:00 / 開演17:00
23(日) 開演14:00 / 開演18:00
※全5公演 各開演の30分前より開場

脚本 : 堀内健 村上大樹
演出 : 村上大樹
 
[出演]
堀内健
出川哲朗
中村昌也
伊藤修子
山﨑 薫
安川純平
THE石原
けいたまん(ケチン・ダ・コチン)
吉田幸市(ケチン・ダ・コチン)
大堀こういち 
 

【当日引換券・当日券販売】
当日引換券について 
※公演直前のご予約は、当日引換券をご利用ください。
※当日引換券とは・・・公演当日、座席指定券とお引換えいただくチケットです。
 開場時間より、当日券売場にて座席指定券と交換させていただきます。
 お連れ様とお席が連番でご用意できない場合もございます。
 お席はお選び頂けませんのでご了承ください。
 
[当日引換券販売方法] 
<ローソンチケット> ※各公演の前日までご購入いただけます。
 【店頭購入】
ローソン・ミニストップ店内Loppiにて直接購入
 【ネット予約】http://l-tike.com/(PC・携帯共通)
 【電話予約】0570-084-003(Lコード:32828)/0570-000-407(オペレーター対応)  
※予約成立後、お近くのローソン店頭にて当日引換券を発券してください。
 
当日券販売について
 料金:6,500円(税込/全席指定)
 当日券は各公演の開演の60分前より販売致します。
 当日券をお求めのお客様が、販売開始の時点で予定枚数を上回る場合、抽選による販売を行わせていただきます。予めご了承ください。

■抽選方法及びお願い
※各公演、販売開始の時点で予定枚数を越えた希望者がいる場合に限り整理券をお渡し、抽選販売を致します。
※徹夜、横入りは厳禁です。そういった行為が発見された場合は、その方の入場をお断り致します。
※当日券のご購入は、お1人様1枚までとさせていただきます。
※抽選の場合、ご当選の方は、お呼びする番号順に受付にてお引換となります。
※お席はお選びいただけません。また先着順に良いお席をお取りするものではございません。
※各公演、ご用意のお席は異なります。 予めご了承ください。


【公演に関する注意事項】
○上演時間:1時間50分予定 ※変更になる可能性もございます。
○8月22日(土)13:00公演、17:00公演には、客席に収録用のカメラが入ります。ご了承くださいませ。
○車椅子でご観劇されるお客様
当日お座席までスムーズにご案内できるよう、ご観劇の前日までにご連絡をくださいますよう、お願い致します(付添いの方がご観劇される場合も、チケットが必要となります)。

お問い合わせ:ワタナベエンターテインメント:03-5410-1885(平日11:00~18:00)

 
■MORE INFO
今回も出川哲朗を迎えて贈る「堀内夜あけの会」第二弾!演劇の聖地・本多劇場で2015年8月、ふたたびホリケンワールドが炸裂する!
 
「堀内夜あけの会」それは、あの堀内健の頭の中に浮かんだ「ものがたり」を、できるかぎり堀内のイメージに忠実に、芝居にして上演しようという試みです。


2014年5月に本多劇場で上演され、見るものに衝撃を与えた旗揚げ公演『恐怖 タコ公園のタコ女』に引き続き、今回も堀内は、演者として舞台に上がるだけでなく、脚本も担当。
斬新極まりない<ホリケンワールド全開>の「お芝居」を書き下ろします。

出演者は、前回に引き続いてのタッグとなる出川哲朗。他に、若手俳優、小劇場のクセ者、芸人などが集結し、唯一無二のホリケンワールドの舞台化に挑みます。
 

「お芝居」の新たな地平を切り開く、堀内健のふたたびの挑戦、要注目です!
 


<ものがたり>
 
2015年、夏。
渋谷の街を戦慄させた奇怪すぎる連続強盗事件。
容疑者は、あの「おじさん」だった…!?
 
無実の罪を晴らそうと奔走する「おじさん」と、
それを許さない謎だらけの人物たち。
ヤツらの正体は何なんだ!?
そして、おじさんはある「真実」にたどり着く…
 
 
東京の街を舞台に繰り広げられる、
堀内健流ヒューマンドラマチックサスペンス、堂々の上演!
あなたは堀内健の描く世界に、ついて来れますか…!?



 
■堀内健 コメント
やっぱり、今年も出川さんとご一緒できて幸せです。
また、下北沢という街も僕が初めて帽子をかぶって歩いた街ということもあり、とても縁深く感じます。
本多劇場という素晴らしい舞台に負けないようにがんばりたいと思います。 
世知辛い世の中ですが、少しでも皆様の心を明るくしたいです。
ぜひ、劇場に足を運んで下さい。